Home >> 香嵐渓 アクセス >> 香嵐渓の紅葉 へのアクセス
Page: 1/1   

香嵐渓の紅葉 へのアクセス

香嵐渓へのアクセスは、紅葉の時期だからと言って特別なものがあるわけではありません。

香嵐渓は江戸時代に交易の町として栄えましたが、そのときは場所的に交通の便が良かったんでしょうね。
ただ現在は、交通の便が良いとは言い難いです。
(だから自然が残っているともいえますが)

まず公共交通機関利用の場合です。
・名古屋本線 東岡崎駅⇒名鉄バス『香嵐渓バス停』下車
(バスに乗る時間は約70分)
・三河線・豊田線 豊田市駅⇒名鉄バス『香嵐渓バス停』下車
(バスに乗る時間は約50分)
・名鉄三河線 猿投駅⇒さなげ足助バス『香嵐渓』下車
(バスに乗る時間は約40分)
・愛知環状鉄道 四郷駅⇒さなげ足助バス『香嵐渓』下車
(バスに乗る時間は約40分)

駅として大きいのは、東岡崎駅 本線で特急もとまります。
ただポイントはどれも、最終的にバスになること。つまり、渋滞の影響を受けるということです。

なので、香嵐渓の紅葉へのアクセスの大半は、観光バスか自家用車になってきます。
遠方からで
関東方面からでしたら
東名高速道路で、豊田JCTで東海環状へ入ります。
豊田勘八ICで降ります(ETC車はハイウェイオアシスの鞍が池でスマートETCで出ることも出来ます)。そこから国道153号へ入ります。

関西からですと、東名高速道路 名古屋ICで降りて、一般道経由で猿投グリーンロードの力石ICから国道153号線へ入ります。

関西方面からでも、豊田JCT経由でもいいと思います。
道が単純で分り易いので。(特に、土日のETC 1000円であれば)

香嵐渓の紅葉へのアクセスで特に裏技は無いです。
結局 153号線に集約されてしまうので、どうしても渋滞は起こります。
(詳しくは 香嵐渓 渋滞の記事を参照して下さい。)

香嵐渓に近い温泉宿
安心してライトアップをゆっくり見ることができます。




渋滞に備えて用意しておきたいもの⇒渋滞グッズ
| kourankei | - | - | pookmark | category:香嵐渓 アクセス

ranking

ブログランキング【くつろぐ】blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Add to Google

Category

Entry

おすすめ

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM